業務内容

BI関連

BIツールを活用した各種ビジネス提案

MicrosoftのPower BI for Office 365を活用したデータの分析・見える化提案を行います。

Business Intelligence

マイクロソフトが提供するBIツールの充実とともに企業内におけるエクセルやアクセスなどのオフィス系ツールから作成されたデータ群をいかに活用すかるが今の時代はポイントとなってきています。企業内各部門で作成・蓄積されているこのデータ群はある意味ビッグデータであり、部門内だけではなく横断的に活用することで今まで意識していなかったポイントも「見える化」され次の戦略構築の基本となる可能性があります。

既存エクセルデータの見直しと再活用

企業内で作成されたエクセルデータはある意味宝の山です。単純な売上集計や計算式だけで使うのはもったいないとわかっていながら中々手が付けられないのも事実です。以外にも大きな組織内でシステム部と言われている部門においてもこの「データサイエンティスト」と言われる専門家がいないことも多く、どのように進めていったらよいかがわからないという状況がほとんどではないでしょうか。

このようなデータが欲しいというニーズの掘り起こし

Business Intelligence

会社の方針を決定する経理・経営・管理部門の方々はエクセルにまとめられた集計データ+グラフは見慣れているかと思います。しかし、相対的な数字やあるキーをもとに絞り込んだデータ比較などその場で対応できるようなデータまで作りこんでいるところはまだ少ないと思います。BIツールを活用すれば今までの表面的な数字の羅列データが次の戦略を構築しやすくなるヒントも「見える化」してくれます。時間の少ない経営陣に対してのプレゼンテーションには効果大のツールだと思います。

マイクロソフトのビジネス インテリジェンス (BI) を活用

企業で活用されているのはやはりオフィス系のソフトです。
ここ数年でもマイクロソフトが推奨しているツールが「Power BI for Office 365」です。https://www.microsoft.com/ja-jp/office/2013/business/powerbi/default.aspx

エクセルでピボットテーブル、関数、マクロなどはは少し使っているという方であれば少しの勉強でマスターできるのではないでしょうか。

コストについて

  • ご依頼内容の種類・難易度によって変わりますが、基本的には打ち合わせ後、お見積をご提示いたしますので契約前にご確認ください。
  • ワイズボックスは大手システム開発会社に引けを取らないサービスと、リーズナブルな価格でサービスを提供しております。

サポートについて

  • 基本的に1業種1社とします。(同業務の会社の複数サポートは行いません)
  • ※機密保持契約(NDA)は必須
    サポートについては必ずお伺いさせて頂き、face to faceでお話させて頂くことが基本です。諸事情によりお断りさせて頂くこともありますので何卒ご了承下さい。
Return Top